京都で台湾の味

京都の中に台南の雰囲気「微風台南」
京都の中に台南の雰囲気「微風台南」

台湾の味が恋しくなってきたここ最近、こんなお店を見つけました!

 

お店の名前は「微風台南(ビフウタイナン)」。

オーナーは日本人の方でしたが、味は本場同様でした。

 

台湾の古都といえば台南ですから、日本の古都である京都とは似た雰囲気がありますね。

京都の中に台南の雰囲気がピッタリとマッチしてました。

中国語の看板に台湾銘柄の飲料
中国語の看板に台湾銘柄の飲料

机の上に置いてあった台湾銘柄の飲料がいい感じです。

古早味茶葉蛋
古早味茶葉蛋

お店の中に入ると懐かしい台湾の炊飯器が置いてありました。

 

この中に「古早味茶葉蛋」という日本で言うところのゆで卵的な

料理が売られていました。

京町屋を改装して作られた素敵なお店
京町屋を改装して作られた素敵なお店

お店は京町家を改装した店舗で、古き良き趣を残しながら

建具を取り外して開放的な店づくりをされていました。

台湾のカレンダー
台湾のカレンダー

写真の中の右上のカレンダーが台湾の家をすごく思い出させました。

実家にも似たようなのがあったなー。

 

台湾に帰った気持ちになっていた時に、店員さんに日本語で話しかけられて逆に少しビックリ。

 

お店の中を見回すと、台湾のセブンイレブンのキャラクターOPEN(オプン)ちゃんが

いました。昔の雰囲気ばかりかと思いきやオーナーのセンスが光ってました。

メニューを見て目移りしている私
メニューを見て目移りしている私

店内には台湾人か日本人かどっちが多かったのかな?

写真を撮るのに夢中で、CHECKし忘れました・・・。

 

メニュー見てたら、全部美味しそうで注文しすぎてしまいそう。笑

台湾大根餅の蘿蔔糕(ルオボガオ)
台湾大根餅の蘿蔔糕(ルオボガオ)

値段は日本の方が少し高いですが、味は台湾と同じでした。

台南は台湾の中でも、美味しいものがたくさんある場所です。

本場の台南グルメは本当に美味しくて値段も安いので、オススメです!

でも、京都に住んでても台南料理が楽しめる「微風台南(ビフウタイナン)」も美味しくて

行ってよかったです。

 

ただ、お腹ペコペコで行ったので写真撮る前にほとんど食べちゃいました・・・

 

写真を撮ったものを少し紹介 笑

 

台湾大根餅はオススメです。

エビとクリームソースがめっちゃ美味。

中国語では蘿蔔糕(ルオボガオ)と言います。

懐かしい台湾料理を食べて満足
懐かしい台湾料理を食べて満足

あと一枚はちょっと恥ずかしいけど・・・

 

写真の左側から、

魯肉飯(ル一ロ一ファン) - 豚バラ煮込みご飯

魯内飯の前には肉包(パオズ) - 肉まん

真ん中の2つが酸菜白肉鍋 - 白の漬け物のさっぱりス一プ

清炒青菜 - 青菜炒め

です。

 

今回は懷かしい料理を食べましたので、お腹が満足。

今度また台湾の味を思い出したくなったら、ここに来たいとおもいます。