Book & Bed 泊まれる本屋 in Kyoto

Book and Bed
Book and Bed

前週の記事は世界中で一番素敵な本屋に見に行きました。

今週はまた本屋とホテルというコンセプトの泊まれる本屋 Book and Bed。

 

去年から東京でOPENしたBook and Bedは京都にもありました。

自分もちょっと興味があって見に行きました。

 

泊まってないですけど、本棚の中に眠るような体験がしたいと思います…

 

好きな本を読みふけっていたらいつの間にか寝てしまった”というような「最高の寝る時間を提供するってインタネットで紹介しました。

京都の鴨川
京都の鴨川

 

場所は京都での鴨川の辺ですね、京阪電車四条祇園駅より歩いてもすぐ近くです。

 

夕暮れの鴨川ですが、とても綺麗ですよね。

普段は自転車で乗る人が多いですが、いまは寒いですよ。

 

Book and Bedの宿泊スペース
Book and Bedの寝室

さて、中に入って見ましょうね。

 

行った日はお客さんが多かったですけど、宿泊のスペースはまだあります。

 

ここから見るとても大きなBookshelfの中で寝るような感じです。こういうスペースの運用は初めて見ました。

ブックアンドベッドのBed
ブックアンドベッドのBed

寝台の入り口はちょっと狭いですけど、一人だったらまた余裕なスペースです。

 

もう一つは鴨川を見える部屋です。

もっと明るいで広いです。

本棚の中にベッド
本棚の中にベッド

どっちでも、本棚の中で楽しむことできます。

カーテンかくしたら、一人の時間でも押し入っていません。

 

天井を見上げて見ると本と白熱電球の照明がぶらさがっています。

天井からつるされた本と電球がオシャレ
天井からつるされた本と電球がオシャレ

天井を見上げて見ると本と白熱電球の照明がぶらさがっています。

 

デザインは面白いと思いました。

ふかふかソファーでゆっくり読書
ふかふかソファーでゆっくり読書

泊まらなくても好きなソファに座れます。

 

このようなに本を包むことができましたらいいじゃないですか。

洗面設備
洗面設備

もちろんトイレや洗面台など設備もあります。

 

洗面台の鏡に本棚を反映します。

なんか本棚は洗面台の上に見えるそう気がします。

もっと本屋とBar様子を作りますけど、落ち着ける気分になります。

 

多分ターゲットは海外のお客様を設定しますから、大量に海外の本も置きますよ。

外国文化についての本も充実
外国文化についての本も充実

この本はイランペルシアにいって日本人が書いている日記です。

イラストが可愛いですね。

 

私も旅行の本が好きなんで、

This is New York
This is New York

またThis is New Yorkシリーズの本とか、

Tony Parsons Starting Over
Tony Parsons Starting Over

英語の本もあります。

 

色々京都でのガイドブックも

クラフトビールの本も
クラフトビールの本も

宝を掘るのを待っているよ。

 

ビ一ルを紹介の本もあります。

 

でも、お腹がすいても、シャンプ一忘れても、ここでも販売していますよ。

もし時間あったら、デイタイムもあります。

Let’s have a book day!