7月の祇園祭

夏の京都と言えば祇園祭。祇園祭は日本の祭りの中で最も大きなものの一つです。

祇園祭は八坂神社の祭りが主催され、平安時代(AD869)京都疫病、

災害のために祈る、神の66鉾を建てたのが原点です。

戦争などの理由により一時中断していた事もありますが、京都の住民が維持するために努力し続けています。

 

7月1日~31日まで一ヶ月の祇園祭を開催します。

その中で宵山と山鉾巡行は一番人がたくさんいます。

 

この時期に京都は一番忙しくて、暑いですが、これからも京都の魅力ですね。

 

私は昨年も参加しましたが、山鉾建て中に見るところだけですごいと思いながら、今年の祇園祭また参加できる事を幸せだと思います。

それぞれの町会は毎年7月10日から山鉾を建て始ります。

あといろいろものを準備してるから、京都市内の烏丸四条の周辺は賑やかになります。

特に7月17日の(前祭)と7月24日の(後祭)は祇園祭一番人たくさん見に来ます。

山鉾見に行ったり、衹園囃子も宵山の時に見えたり、京都の夜はこの時期でみな家族と一緒に連れて行くイベントです。

 

以下は前後祭の山鉾の写真を紹介しましょう。

これは浄妙山(後祭) の宵山の時に写真を撮った。

浄妙山の巡行の写真です。

これは放下鉾(前祭)です。

前祭の大きな山鉾の一つです。

鉾頭は日、月、星三光が下界を照らす形を示していた。

でも、写真撮る時にちょっと暗いですから、見えないです。

あとは四条傘鉾(前祭)です。

昔は巡行する古い鉾の一つです。

傘の上には御幣と若松を飾る。

ちょうど行った時に祇園囃子にもやっている。

前祭の霄山巡行前にみんなは街路に見に行きます。

 

祇園祭また一つポイントは両方にロープで固定します。

近く見るとすごいと思います。

あと巡行の時にそのまま車が動くようにします。

 

京都の祇園祭の時に暑いだけど、巡行の時に見る人の熱情を減いてないですね。

 

以下は前祭の山鉾の巡行写真です。

最初登場の山鉾は長刀鉾です。

この鉾は古来「くじとらず」といい毎年必ず巡行の先頭にたち、生稚児の乗るのも今ではこの鉾だけである。

これも一番長い鉾です。

 

 

次は函谷鉾です。

鶏鉾です

あと、船鉾です。

 

これは祇園祭の中で山車を曲がり時に一番人が多いところです。

また後祭山鉾の写真も少し紹介しましょう。

私の会社は橋弁慶町の近くだから、まずは橋弁慶山を見ましょうね。

前祭すぐ終るくらいにまた後祭の山鉾を建てるんで、一日中たげ、こんなになりました。

あと、祇園祭の時期に町内の町屋も山の展示になりました。

 

橋弁慶のお橋です。

二階の人形は弁慶と牛若丸です。

後祭の山は大体巡行の時に登り載せる物があります。

霄山の時には提灯で山鉾の名前付いてるくらい見えます。

後祭巡行の時にまた花傘の巡行もあります。

見に行った時にこんな小さな模型もありました。

かわいいですね。

ちょうど四条通りと河原町交差点の間に先に花傘巡行中に見ました。

 

祇園祭は多分日本の祭りの中で一番賑やかの一つと思いますね。

 

以下は後祭の写真です

頭は橋弁慶山です。

次は北観音山です。あと南観音山も後祭の山で一番大きな山の2つです。

あと鯉山です。

山の上に大きな鯉がありますよ。

これは黒主山です。

山の上に桜の花があります。

後祭の最後に大船鉾です。

 

でも祇園祭はまだお終わってないです。

7月28日に神輿洗に四条大橋にします。

松明はすごく大きです。

四条大橋から持って八坂神社までに行きます。

 

これ見ると祇園祭もうそろそろ終わります。

一ヶ月の祇園祭は長いですけど、すごく京都を感じできます。