Kaikado Café

京都の茶筒の老舗に開化堂がカフェ「Kaikado Café」をオープンしました。

 

1875年に創立された「開化堂」は、様々な容器で作られた日本初の手作りティーポットワークショップ、銅、ブリキ、真ちゅうなどの素材で、コーヒー、紅茶などの茶筒を作りました。

 

老舗の伝統工芸品というと、遠い存在のように感じてしまいがちですが、実際に使うことで質の良さを体感できるのもこのお店のいいところ。

今回はカフェX 伝統工芸品の記事です。

 

 

京都の街では非常に歴史的です。

少し京都の歴史を見ながらウォーキングして、

 

Kaikado caféの場所は七条河原町上るところです。

ここで座って外の景色を見ながらでもいいですね。

外も席がありますよ。

この建物は結構古いですから、隣の消火器はちょっと違和感を気がします。

 

外の周り後に好きなところに、座って何か注文しようと悩んでいます。

机の上に可愛い花と茶筒を見ると、早く飲みに楽しみです。

ピンクも可愛いですね。

 

店内にシンプルの装飾的な木製品いっぱい飾ります。

棚にもたくさん置いてある開化堂の茶筒です。

Kaikado cafeには機能があります。

塗装されていない茶皿は時間の経過とともに色が変わる

これらの使用されるトレースは、時間の蓄積です。

他の物もブリキで作りました。

やっと頼んだカフェが来ました。

 

あと、チーズケーキも丸の形です。とても可愛くて美味しいです。

この店で日記を書いて、書籍を見て、ゆっくりとは午後の時間を過ごした。